ストレスチェック
J-SAP(Job Stress Assessment Program)

JESのストレスチェックは2000年代初期から提供。
実施前のサポートから、実施後のフォロー相談体制、研修などが充実。

ストレスチェックのお困りごとや不安なことはありませんか︖

ストレスチェックを実施している企業の多くが、年1回の実施であることから、制度に関することや実施の進め⽅などで、不安に感じている⽅が多いように⾒受けられます。当社では、ストレスチェック担当者が、お客様のお悩みやご不安に対して、お話を伺いながら、情報提供やアドバイスをさせていただきます。お客様が悩みを抱え込むことがないよう、より良い実施⽅法をご⼀緒に検討させていただきます。また、ストレスチェックが円滑に進められるよう、運⽤ガイドや操作マニュアルなどの提供資料も充実しています。

JESのストレスチェック(J-SAP)の特徴

  • 在籍するカウンセラーは、ストレスチェック実施者研修を修了したカウンセラー公認⼼理師、または精神保健福祉⼠で構成。
  • 年間20万⼈以上へのストレスチェックサービスの提供。
  • 厚⽣労働省推奨の職業性ストレス簡易調査票に完全対応。
  • 1社毎にストレスチェック担当者が専従し、実施に関するご相談に対応。
  • 職場改善に向けた研修・トレーニングなどを提供します。

EAPとの連携(ご契約企業様限定)

当社では、各企業の固有の制度や基準、⾵⼟などを踏まえ職場改善に向けて総合的なサポートを⾏う企業担当カウンセラーという担当制を設けています。JESストレスチェック担当者と企業担当カウンセラーが連携することで、実施準備から実施後の対応まで、包括的なサポートが可能となります。また、EAP相談窓⼝を5つの直営拠点(東京・関⻄・中部・東北・九州)に設けております。医師の⾯接指導以外 の相談先としてご活⽤いただくことで、実施後のフォローアップにもなります。

J-SAP実施後の対応

当社のストレスチェックでは、ストレス判定図や平均値などの機能はサービスに含まれておりますので、ご⾃由に集団分析を⾏っていただけます。とはいえ、ご多忙の中で分析結果の読み取りや社内に向けた説明、資料作成、職場改善への取り組み等に費やす時間と労⼒を考えますと、どのように 進めればよいかご不安ではないでしょうか。当社では、EAPコンサルタントが分析結果を1つ1つ確認し、所⾒を含めた報告書の作成や貴社に訪問して分析結果をご説明させていただきますので、職場の状況を伺いながら、職場改善に向けた対策をご⼀緒に検討させていただきます。

3つのJ-SAP

JESでは、お客様の⽬的に応じた3種類のストレスチェックサービスをご⽤意しています。「まずは義務化に対応したい」「集団分析を使って組織改善に取り組みたい」など、お客様のご希望にあわせた サービスをお選びいただけます。

  1. 1J-SAP57 職業性ストレス簡易調査票(57問)

    まずは、義務化に対応させたい

    厚⽣労働省が⽰す測定内容がすべて含まれた、『職業性ストレス簡易調査票(57問)』を使⽤します。集団分析は健康リスク、ストレス判定図、ストレス平均値の閲覧が可能です。実施後のデータ管理や労働基準監督署提出⽤の資料など、義務化対応を⽀援します。

  2. 2J-SAP80 新職業性ストレス簡易調査票(80問)

    より多⾓的に集団分析を⾏いたい

    『職業性ストレス簡易調査票(57問)』に23の質問項⽬が追加された『新職業性ストレス簡易調査票(80問)』を使⽤します。「仕事の負担」に関する項⽬の拡充と「仕事の資源」が追加されたことで、より多⾓的な視点に⽴った詳しい分析を⾏うことが可能になり、職場改善策の検討において⼤きな⼒を発揮します。

    JESオリジナルの集団分析レポートが、いつでもダウンロード可能です

    平成21〜23年度厚⽣労働科研費「労働者のメンタルヘルス不調の第⼀次予防の浸透⼿法に関する調査研究」による『健康いきいき職場モデル』をもとに作成したJESオリジナルの集団分析レポートです。 性別や年代、勤務地、部署など、ご登録いただいた情報を分析対象として、お客様が必要な時にシステムからダウンロードしていただけますので、職場改善の切り⼝としてご活⽤いただけます。

  3. 3J-SAP91 職業性ストレス簡易調査票(57問)+ JESオリジナル(34問)

    カスタマイズが可能なJESオリジナルのストレスチェック

    『職業性ストレス簡易調査票(57問)』に、JESオリジナルの34項⽬を追加した調査票を使⽤します。実施準備から報告書の作成、報告会の実施までが、すべてサービスに含まれています。 また、91問の質問項⽬とは別に、質問項⽬を追加することもできますので、⾃社⽤にカスタマイズすることも可能です。

    J-SAP57

    J-SAP80

    J-SAP91

    実施 義務化対応
    組織ストレスの測定 -
    質問項目の追加 - -
    集団分析 健康リスク
    ストレス判定図
    ストレス平均値
    集団分析レポート(J-SAP80)/組織診断結果報告書(J-SAP91) -
    職場改善 詳細所見の作成 オプション オプション
    結果報告会の実施 オプション オプション
    職場改善に向けた取り組み(研修・トレーニングなど) オプション オプション オプション

    ○...サービス内 -...提供なし

含まれるサービス

  • 衛⽣委員会等での検討資料の提供
  • 操作⽅法ならびに実施⼿順の訪問説明(導⼊時のみ)
  • Web(スマートフォン含む)あるいは質問紙での実施 ※併⽤可能
  • 産業医等へのデータ提供
  • 回答データのCSVファイル提供
  • 労働基準監督署への報告書提供
  • ストレスチェック結果の保存(5年間)

オプション(別途費⽤)

実施サポート

  • 実施者(単独・共同)の提供
  • 実施事務従事者代⾏
  • 事業所ごとの配送サービス
  • 医師派遣

分析サポート

  • 集団分析所⾒の提供
  • 結果報告会

職場改善サポート

  • ラインケア研修
  • セルフケア研修
  • 職場改善ミーティング  など

資料請求・お問い合せはこちら