ご挨拶・活動理念

会長挨拶

なぜ、アメリカ発祥のEAPを、いち早く導入したのか。

新貝 憲利

取締役会長

(医療法人社団翠会ヘルスケアグループ代表)

新貝 憲利

私が初めてEAPに出会ったのは1980年代の初頭。
当時、シカゴに留学していた私は、これからの日本の精神科医療に何が大切なのかを模索していました。それは奇しくも、現在私が代表を務め、当社のグループ機関でもある成増厚生病院東京アルコール医療総合センター内で、主に公的機関の職員を対象に、産業保健スタッフ・人事担当者と連携を取り、早い段階で医療につなげるノウハウを独自に蓄積させていた時期でもありました。

帰国後に精神科医として医療に従事する中で、日本においても勤労者に対するメンタルヘルス対策の必要性、EAPの有用性を強く感じるようになりました。
当時日本ではまだEAPの存在を知る人はほんの僅かでしたが、近い将来、医療の枠のみに縛られない積極的なアプローチを行うことができるEAP機関が必要になることを確信し、日本型EAPの検討を重ねました。
そして1993年8月、ジャパンEAPシステムズを法人として設立させたのです。

現在、EAPは多くの人の知るところとなり、そして多くの企業がEAP事業にも参入するようになりました。我が社は日本で初めて設立されたEAP専門機関として、業界では「老舗」といわれています。それは最も長くEAPを本業としてサービス提供を行ってきた企業であると共に、グループ機関も含めると30年以上に渡りノウハウや経験を蓄積してきた結果が可能にしたことであると受け止めております。

私たちはリーディングカンパニーとして、サービスの内容や質の向上へさらに探求心を燃やし、これからもEAP業界をリードし続けていきたいと思っています。

社長挨拶

JESが目指すEAPとは。

松本 桂樹

代表取締役社長

松本 桂樹

弊社ジャパンEAPシステムズ(JES)が設立された1990年代前半、当時の日本でどれだけの人がEAPというサービスの存在を把握していたでしょうか。

1990年代後半に我々が行った調査では、一部上場企業の人事担当者のうち「EAPを知っている」と答えた人は、全体の9%にも満たない状況でした。業界のパイオニアである弊社としては、サービス説明を行う際にはまず「EAPとは」という全体説明を丁寧に行うよう心がけていました。あれから20年、EAPは飛躍的にその認知度を高めています。

現在、EAPが日本の社会に浸透してきたとはいえ、勤労者のメンタルヘルス不調の深刻さは、業種を問わず指摘されています。社内外での競争は厳しくなるなかで、少子高齢化に伴う人口減少時代を睨み、ダイバーシティ施策など働きやすい職場づくりの必要性は益々高まっているといえるでしょう。

この変化の激しい現代において、未来を予測することはより困難になっています。「今後の社会動向」を予測して、想定されるリスクをヘッジするだけではなく、我々は「どのような社会を作って行きたいのか」、「そのために何ができるのか」を考えていく必要があると思っています。

「変化が日常」の不確実な時代に対応すべく、各企業の個別性を重視し、相談活動の質にこだわりを持って、社員と管理職が支え合いながら働ける職場づくりに貢献させていただく事、それが私たちの本望です。そして、「支え合う社会の創造」を目指す事、その中に、JESの社会における存在価値があると信じています。

活動理念

ミッション

JESは相談活動を通して、以下のとおり社会に貢献して行く

  1. 勤労者が健やかに、かつ効果的に自らを発揮できるよう援助する
  2. 組織が健全な事業活動を実践継続できるよう支援する
  3. 支え合う繋がりやコミュニケーションを創造する

顧客提供価値

「なるほど」を生み出すことで、顧客社員と組織に
「意味」と「余裕」と「信頼」を実感して頂く